Top > あらすじ

あらすじ
HTML ConvertTime 0.017 sec.
公式におけるシナリオの見解
(※ストーリーの核心に迫る内容、所謂「ネタバレ」のページです。)






ここでは、公式から発表された「ゲーム内の世界でどんな事が起こったのか?」
と言う疑問への大まかな答え合わせとも言える、前日譚について記そうと思う。
公式において、「大体の謎は95%解決済みだ」
とのコメントも出ている。
裏を返せば「ファン有志によって仮定されていた
考察がかなり鋭いものだった」とも言えるかもしれない。
(尚、一部に本家非公式wikiからの引用も含まれる為、ご了承の程を願いたい。)

物語のあらすじ Edit

事の始まりは、ある人物の大きな過ちからだった。
1986年のアメリカ合衆国、ワシントン州の郊外に
ある人形作家の男が居た。彼の名はTim Denson。彼は
自身が手がける番組の為に、数体の人形達を生み出した。
その番組は、彼の思惑通りに行けば、大成功を収める事が出来たはずだった。


しかし世間は冷たく、残酷だった。
思うほどに番組の評判は伸びてはくれず、周りからの評価もお世辞にも
好意的とは言えなかった。彼は
次第に自身の不甲斐なさや世間からの眼差しに苛まれ、
いつしか彼の心の何処かでどす黒い何かが生まれていた。


そして、Timはある行動を起こす。
ある意味超常現象的な「悪魔」の力によって、願いを叶えようと試みたのだ。
彼は見事、悪魔を呼び出す事に成功。番組は以前の評価が
嘘のような盛り返し方を見せ、
起死回生の大成功を収める。彼は悪魔への報酬たる「生贄」として
悪魔をモチーフにした人形を生み出す。

ここから、彼の人生は悲惨でおぞましい物に歪められて行く。
この事が悪魔の逆鱗に触れてしまい、悪魔は報復をするべく
自身をモチーフにしたのであろう人形に取り憑いた。
そしてTimの心の奥深くに燻っていた黒い狂気の怪物を呼び覚ます
かのように、彼の精神を蝕んで行く。


Timは、悪意の誘惑に打ち勝つ事が叶わなかった。
愛しい娘を自らの手で殺め、気がついた時には時すでに遅し。
いつしか追われる身となってしまった。その際警察官と警察犬を銃で射殺し、
更には自身とは無関係の少女の居る住宅に押し入り、金目のものを盗もうと試みた。
すると、少女の部屋に置いてあった揺すり木馬
躓いてしまい、部屋で寝ていた少女を起こしてしまう。
目の前の泣き叫ぶ罪無き少女を、彼はその時に所持していたバールで撲殺し、逃走。
部屋には血痕が飛び散る凄惨な光景が広がっていた。


その後、悪魔はTimの作った人形達へ、Timの犠牲者達の魂を元にして
作り出した、そして復讐心を元にした魂を与えた。
ある意味では「裏切り者への報復」を遂行する為の
利害の一致した「駒」に仕立て上げた
ともとれるかもしれない。


_いつしか時は流れ、その廃屋となったアパートからは大きな火が上がっていた。